Menu

おじいちゃんがもらってうれしいものとは

おじいちゃんがプレゼントとしてうれしいものは、イベントの種類によって変わります。普段の何気ない日に会いに行くような場合なら、プレゼントは必要ないかもしれません。また、クリスマスに関しても、おじいちゃん世代はあまり馴染みがないので、軽い食べ物程度が良いことも多いです。しかし、敬老の日に子供たちや孫から、何かしらを贈ってもらうと、やはりうれしいものです。ただ、テクノロジー関係には詳しくない場合が多いので、その点には注意が必要です。

おじいちゃんの世代は、あまりパソコンやハイテク機器に詳しくないことが多いので、電子機器は使えない場合があります。スマートフォンやタブレットを贈ってもらっても、使い方が分からず、放っておかれてしまいます。他の人から贈ってもらったものなら、諦めて買取などに出すこともできますが、孫や子供たちからもらったものだと、そういうわけにもいきません。また、洋服やアクセサリー類も、今のファッション感覚とは合わないことが多いので、迷惑になってしまう可能性があります。

おじいちゃんがもらってうれしいプレゼントは、くれる相手が孫か子供たちかによって分かれます。孫から贈ってもらうものは、ある程度何でも喜んでくれます。しかし、一番うれしいものは、孫が小さければ手作りの似顔絵であったり、粘土細工であったりと、お金はかかっていなくても、手の込んだものです。また、市販のものを買って、おじいちゃんに贈るとすれば、古風な人形などが喜ばれます。孫からの贈り物としては、高価ではなくても、気が利いたものが推奨されます。

子供たちからもらってうれしいプレゼントは、もっと実用的なものになります。子供の年齢にもよりますが、敬老の日を祝ってもらう頃には、おじいちゃんは仕事を退職し、年金生活になっていることもあります。年をとった男性は意地を張ってしまうことがあり、生活は苦しくない素振りを見せようとする傾向があります。しかし、実際には現金や商品券をもらえると、非常に助かるおじいちゃんが多いのも現実です。また、マッサージチェアーなど、日々の疲労を癒すことができるものも喜ばれます。

敬老の日は日本独特のもので、海外ではあまり見ることができない風習です。しかし、おじいちゃんを喜ばせるためには、非常に都合が良い日でもあります。適正でないプレゼントを贈ってしまうと、かえって迷惑になる可能性もあります。贈ってもらうものとして、孫からと子供たちからとでは、適切なものが違うので注意が必要です。