Menu

合宿免許と通学免許のメリット・デメリット

合宿免許と通学免許の意味について

現在、運転免許を持っている人は8000万人を越えており、大抵の人が免許を持っています。この免許を取る方法は「合宿免許」や「通学免許」などがあります。ストレスなくスムーズに免許を取得するためには、それぞれの特徴を理解し、自分に合っている免許取得方法を選ぶということが大切になるでしょう。合宿免許とは一定期間教習所の寮などに滞在し、集中して免許を取得するための教習を受けること。対して通学免許は、自宅から近い教習所などに通って免許を取得するという意味です。取得方法によって免許を取得するまでに必要な期間や費用が異なり、また、それぞれの方法にメリットやデメリットがあります。免許を取得する方法を選びやすいように、この2つの違いをご紹介しましょう。

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許の最も大きなメリットは、短期間で免許を取得できるということです。当たり前ですが合宿には免許を取得するために通うので、やることが分かっている分、他のことには目もくれず集中して実技や講義に取り組めるでしょう。合宿で免許を取得するための最短は約2週間となっており、できるだけ早く免許を取得したいという人にはうってつけの方法です。しかし、だらだらと勉強したり、旅行気分に浸ったりしてしまうと最短での卒業が難しくなってしまうので注意しましょう。

合宿免許のデメリットは、最低でも2週間近く必要になるため、日程の都合が合わないと合宿に参加できないということです。一時帰宅できることもありますが、基本的に卒業するまで教習所に滞在しなければならないので気をつけなければなりません。また、合宿免許は共同生活を行うため、コミュニケーションが苦手な人は苦労することが多いです。誰とも話すことができなかったり、ひとりぼっちでいる時間が長かったりすると悲しくなってしまうので、その場合は友達と一緒に参加するのも良いでしょう。

通学免許のメリット・デメリットとは

通学免許の一番のメリットは、自分のスケジュールに合わせて通えるということです。アルバイト、学校の後、仕事帰りや休みの日など、スキマ時間を上手く利用することで生活に支障をきたすことなく免許の取得ができます。近くの教習所に通ったり、自分の都合に合わせて教習を進めたりできるのは、通学免許の大きな魅力です。また、近くの教習所に通えば、路上教習は地元の見慣れた道を走ることができます。突然路上に放り出される路上教習に不安を抱く人は少なくありません。見慣れた道ならば安心感を得やすいですし、免許を取った後も地元の運転がしやすくなります。

通学免許のデメリットは、やはり免許取得までの期間が長いということです。休みの日など、自分の都合に合わせて教習を受けるので、2~3カ月、長ければ半年ぐらいかかる場合があります。ただ、通学免許には合宿免許のように短い期間で免許を取得できる「通学短期コース」というものがあります。通常の通学免許よりも料金が上乗せされているパターンが多いですが、近くの教習所に通いたい、できるだけ早く免許を取得したいという場合は、通学短期コースを選ぶという選択肢も悪くないでしょう。通学免許は、合宿免許と比べて教習料金が高めに設定されているだけでなく、交通費や食費がでないので、免許を取得するための費用がかかりがちです。免許を取得するためにはまとまったお金が必要ですし、お金がなければ教習を受けられないので、費用がかかりやすいのは大きなデメリットになります。

合宿免許ムーチョ!

新着記事