Menu

合宿免許での生活の流れとは?

合宿免許で宿泊するのはどんな所?

合宿免許を利用すると、自宅から通学して免許の取得を目指すのではなく、免許を取得するまで決められた宿泊所から教習所に通うことになります。一定の期間宿泊所で過ごすことになるため、宿泊場所がどのような所なのかはあらかじめチェックしておいた方がよいでしょう。部屋のタイプは、一人部屋と相部屋を用意している場合が多いです。一人の時間が必要という人は、一人部屋を選択することをおすすめしますが、相部屋で共通の目標を持つ人と親しくなれるのも合宿免許の醍醐味であると言えます。

宿泊所のタイプは、ホテル、民宿、旅館、ペンション、マンション、学生寮など様々です。いずれも、自動車教習所まで徒歩で通うことができる位置にある場合が多いですが、中には離れた場所にあることもあるので注意が必要です。ホテルや旅館などの施設だと、長期滞在するために必要なアメニティなどが揃っていますが、教習所直営の学生寮などの場合は、生活に必要なものは自分で用意する必要があります。どのような場所に宿泊したいのかを考えてから、教習所を選ぶとよいでしょう。

合宿免許での一日の流れは?

合宿免許では、教習が9時か10時にはスタートします。第1段階、第2段階とそれぞれに定められた学科教習、技能教習を受けていきます。教習の1時限は50分で、昼に1時間の休憩をして19時頃まで行われます。毎日教習のスケジュールがびっしり詰まっているという訳ではなく、日によって異なります。教習のスケジュールは、自動車学校側が決めます。一日中教習で忙しいという日もあれば、教習がなく時間が空いてしまうという日もあります。基本的に教習以外の時間は、自由に外出することができます。

食事は、学生寮やアパートなどのタイプだと、料理を作ることができる環境が整っている場合が多いため、自炊が可能です。ホテルや旅館などの場合は、朝と夜の食事が付いているため様々な料理を楽しむことができるでしょう。大浴場が付いている場合もあり、教習以外の時間はゆったりとくつろいで過ごすことができるのが魅力の一つであると言えます。宿泊所の周辺情報をあらかじめ調べておくことも重要です。免許を取得するまで過ごすことになるため、周辺に病院やコンビニなどの施設が揃っているかを確認しておきましょう。また、インターネットができる環境が整っているかも調べておきたいポイントです。教習を受ける以外の時間は自由時間となるため、より快適に過ごせる場所を選ぶことをおすすめします。

 

合宿免許ムーチョ!

新着記事