Menu

合宿免許は通学型とはなにが違うの?

合宿免許はどうして人気があるのか

自動車免許を取得したいが時間がない、または料金が高くて取得したいが難しいなどと思う人は多いかもしれません。そんなときにおすすめなのが「合宿免許」です。合宿免許というと学生が夏休みや冬休みなどの長期の休みを利用するイメージしかわかない、とか具体的にはどんな所か想像がつかない、という人もいます。合宿免許とは短期間で自動車運転免許を取得することが可能で、合宿免許を行う自動車教習所が用意した宿泊場所に滞在して必要な教習を受けます。また入校から卒業まであらかじめ予定が組まれていますので、受講したい授業を予約が取れずに長引くこともありません、一方で通学型の教習所では入校時に卒業まで一気にスケジュールを取ることが可能な場所もありますが、料金が高かったり特別プログラムを組んだプランを受講した生徒のみが受けられるなど、条件がある場合が多いです。

免許の種類によって合宿期間が異なる

合宿免許の場合、合宿となる目安の期間が決まっていて普通AT(オートマチック)車は約14日間、普通MT(マニュアル)車は16日間ぐらいといわれています。合宿免許と通学型との違いはこのように免許取得までの日数や、授業のスケジュール確保を一気にできるか否か、また教習所までの交通費も大きな違いといえます。通学型の場合、教習所までの往復交通費は自己負担の場合が多く、この負担を減らすために例えば最寄り駅まで無料送迎バスが出ていたり決められた一定料金までは補助することもあります。合宿免許の場合は毎日家から通学することはないので、往復の交通費はかかりません。また合宿免許の料金は技能補習や検定料金は勿論、宿泊費など卒業までのトータル費用を提示している場合がほとんどです。

住民票がない都道府県でも受験資格がある

住民票を置いている都道府県でなければ受験資格がなく試験を受けられないと心配する人もいるかもしれませんが、法律で定められた基準を満たしている公安委員会指定教習所であれば、全国どの教習所でも実施試験免除となります。また合宿免許というと知らない人たちと短い期間であれずっと一緒にいる、というイメージを持つ人もいるかもしれませんがプライバシーは確保されている場合がほとんどです。教習所によって宿泊部屋をシングルにしたり相部屋にしたり選択することができる場合もありますので、気になる人は教習所に問い合わせてみてください。このように合宿免許は効率よく短期間で自動車免許を取得したい人には、大変便利なものとなっていて需要とともに参加する人は多くいます。

合宿免許ムーチョ!

新着記事