Menu

合宿免許で取得出来る自動車免許の種類

第1種運転免許

合宿免許でとれる自動車免許には、第1種運転免許、第2種類運転免許、仮運転免許があります。第1種運転免許というのは、一般的な免許の事で、その種類は10種類からなります。まずは、普通自動車や軽自動車が運転出来る普通免許、50ccから400ccまでのオートバイが運転出来る普通2輪免許、準中型免許、中型自動車が運転出来る中型免許、大型自動車を運転する事が出来る大型免許、400ccを超えるバイクが運転出来る大型2輪免許、フォークリフトやトラクターなどの小型特殊自動車を運転する事が出来る小型特殊免許、ショベルカー、クレーンなどの特殊車両が大型特殊免許、牽引自動車を運転する事が出来る牽引免許です。第1種運転免許は、上位免許といいます。上位免許というのは、1つの免許を取得する事により複数の自動車、オートバイを運転する事が出来ます。

第2種運転免許

第2種運転免許は、旅客自動車を運転する事が出来ます。旅客自動車というのは、バスやタクシーなど客を乗せる事が出来る自動車の事です。自動車で営業する時には必要になる免許です。第2種運転免許には、普通第2種免許、大型第2種免許、中型第2種免許、大型特殊第2種免許、牽引第2種免許、第2種運転免許は複数の自動車を運転する事が出来る自動車免許です。第1種運転免許と違うのは、客を乗せて走るかどうかです。バスやタクシーだけではなく、スクールバスや観光地用の大型の雪上車も、第2種免許がなくては運転する事は出来ません。また、第2種運転免許も上位免許です。普通第2免許を持っていると普通自動車を運転する事が出来ますし、中型第2種免許を持っていると、普通自動車、中型自動車、準中型自動車を運転することが出来ます。

大型第2種免許を持っていると、普通自動車、中型自動車、準中型自動車、大型自動車を運転する事が出来ます。また、牽引第2種免許は旅客を目的としている普通、中型、準中型、大型、大型特殊自動車を牽引する事が出来ます。合宿免許では、自動車に人を乗せる事を職業としている人達が自動車免許をとる為にも合宿免許は必要です。

仮運転免許

合宿免許では仮免許をとる事も出来ます。仮運転免許というのは、通常の運転免許とは違いますが、免許をとる為には必ず必要な免許です。なぜなら、仮運転免許は練習や試験を受ける時に必要だからです。この仮運転免許をとらないと、公道を自動車で走る事が出来ないのです。仮運転免許は、教習を受けながらとる事が出来る自動車免許です。

 
おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!

新着記事