Menu

敬老の日とは

敬老の日とは、9月の第3月曜日の国民の祝日で、老人に感謝すると同時に長寿を祝い、敬意を表するための日です。かつては915日と決まっていましたが、ハッピーマンデーにより現在の第3月曜日となりました。

元々は、1947年に兵庫県の野間谷村で開催された敬老会が由来とされています。この敬老会では、老人の知恵を村作りに役立てることが趣旨で、時期的に農業が暇となる9月中旬が選ばれ915日となりました。

徐々に祝日にしようという動きが活発化し、国に先駆けて一部の自治体が915日を年寄りの日として制定したことで、1966年に国民の祝日となりました。

敬老の日には、全国の自治体で様々なイベントが実施されるなど、現在では全国的なイベントとして定着し、老人がいる家庭ではプレゼントを贈ることも習慣となっています。

老人を敬う日を設けているのは日本に限った話ではなく、世界各地で同じ様な取り組みを見つけることができます。

アジアでは日本以外にも中国や韓国などが老人の日を制定しているほか、アメリカでも同じように設けられています。日本以外で祝日となっているのは、太平洋上にあるパラオ共和国が該当します。パラオ共和国では、日本のこどもの日にあたる55日が敬老の日として祝日となっています。

新着記事