Menu

合宿免許で必要な持ち物

必ず必要なもの

合宿免許を取りに行く場合には、様々なものが必要になります。合宿免許は基本的に自宅から遠い土地に行って免許を取ることが多いため、必需品を忘れてしまうと免許を取得できなくなってしまう可能性もあります。
そのため、合宿に行く前には必ず必要なものをチェックしてから出発することが大切です。
必ず忘れてはいけない持ち物としては、本籍地記載の住民票を持っていきます。入校する前に本人のものが必要となりますが、入校日前に住民票を取得し忘れてしまったり、本籍地が記載されていないものを取得してしまったという失敗ケースがあるために十分に注意します。
また、本人確認書類も用意します。健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードのいずれかが必要となります。
そのほか、運転免許証を持っていれば持っていきます。

入校時に必要なものとしては、印鑑、学科教習で必要となる筆記用具、予習復習のためにはノートを持っていくと便利です。
合宿免許で免許を取ろうとする人の場合、どうしても技能教習のことばかり気にしてしまう人が多い傾向にあります。免許取得する場合には学科試験に合格する必要があるため、予習復習をするためにもノートなどは忘れないようにします。

持っていくと便利な持ち物

自動車学校によって合宿所で用意されている設備やアメニティは大きく異なってきます。何が必要なのかはあらかじめ合宿所の情報を確認してから持ち物を用意します。
持っていくと便利なものとしては、服などを入れるスーツケース以外にも、合宿所から教習所まで移動するときや出かけるときに持っていくと便利な手持ちバッグ、お金、保険証は最低限持っていきます。
生活必需品としては、運転のしやすい服装の着替え、フェイスタオルやバスタオルを数枚、ルームシューズなどを用意します。
合宿所には浴衣やパジャマなどの用意はないため、ルームウェアなどの部屋着も必要です。

そのほか、歯ブラシや洗顔料のアメニティ、使い慣れたシャンプーとリンス、ティッシュ、あると便利なドライヤー、忘れてしまいがちですが必須の充電器も持っていきます。
約2〜3週間を合宿所で過ごすため、洗濯も必須です。コインランドリーなどを利用できる合宿所も多いですが、洗剤も持っていけば安心して過ごせます。また、洗濯する時のために洗濯ネットも持っていくと便利です。
便利なものとしては、雨が降ることを想定した折り畳み傘、マスクやハンガー、常備薬、本や携帯ゲームなどの暇を潰せるものを持っていくのもオススメです。
そのほか女性の場合は、日焼け止めや使い慣れたスキンケア用品も用意します。

合宿免許ムーチョ!

新着記事